効果的なSWOT分析のためのマーケターズガイド

もしあなたがマーケティングに携わっているのであれば、SWOT分析(企業やブランドの強み、弱み、機会、脅威を明らかにすること)に慣れ親しんでいることでしょう(慣れすぎ?SWOT分析については、すでに多くの書籍が出版されていますので、ここでは、SWOT分析についての新たな試みは行いません。しかし、私たちがすることは、SWOTのプロセスを単純化することです。SWOTをあなたのために役立てるにはどうしたらいいでしょうか?

SWOT分析の定義

SWOT分析は、あなたが一人で経営している場合でも、スタートアップ企業でも、成長中のブランドでも、大企業でも、あなたのブランド戦略評価し、批評し、改善するのに役立つシンプルかつ効果的なツールです。を作成しているのであれば ソーシャルメディアマーケティング提案 新しいクライアントのために、SWOT分析を行うのは良いことだと思います。新しい市場や新しいマーケティングチャネルへの進出を検討している場合でも(例えば、インフルエンサー・マーケティング・キャンペーンの実施を検討しているかもしれません)、SWOT分析を行う必要があります。SWOT分析は数え切れないほどの場面で役立ちます。言い換えれば、ビジネスを行う誰にとっても強力なツールなのです。

SWOT分析とは、強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の頭文字をとったもので、最も基本的な分析方法です。SWOT分析は、内部要因(自社の強みと弱み)と外部要因(機会と脅威)の両方をカバーし、自社の市場の全体像を描きます。言い換えれば、あなたがコントロールできる重要な要因と、あなたが対応できる(そして対応すべき)コントロールできない影響の両方です。

まだ謎めいていますか?では、もう少し詳しく説明しましょう。

効果的なSWOT分析を行うにはSWOT分析では、「強み」「弱み」「機会」「脅威」は何か?

SWOT分析:自分の強みを分析する

効果的なSWOT分析の鍵となるのは、自分の強みを特定することです。これは大きな(そして幅広い)質問であり、ちょっとしたクリエイティブな発想が必要です。杓子定規になりすぎてはいけません。自分の強みをあらゆる角度から考えてみましょう

  • Business/internal strengths: 誰よりも優れている点は何か?
  • 人材の強み:あなたのチームが得意とする知識、スキル、教育、経験などの資産は何ですか?
  • 財務力:現金資産や売掛金だけではなく、現在の最も信頼できる財務成長の源は何か?
  • 顧客の強み:顧客/クライアントを増やすための最良のソースは何か(例:紹介)。顧客/クライアントが競合他社ではなく御社を選ぶ理由は何ですか?言い換えれば、あなたの競争力は何ですか?を実施すると ソーシャルメディア監査 例えば、特定のチャネルのエンゲージメントが特に高かったり、特定のオファーのコンバージョンが高かったりすると、お客様の強みを知る手がかりになります。
  • 社員の強み:社員は会社にとって大きな資産であり、その点ではどこが優れているか。給与・報酬の仕組み?職場の文化?福利厚生は?

自分の強みは、自分でコントロールできる「内的要因 」であることに注意してください。現在の強みを改善し、時間をかけて増やしていくことで、前進する力は常に手の届くところにあるのです。

SWOT分析:自社の弱点を把握する

大雑把に言うと、「弱点」とは、自分の強みを損なう要因 、つまり、自分の能力を最大限に発揮できない要因のことです。言い換えれば、あなたの成功のバイブレーションを殺しているものは何か?

  • ビジネス/内部の弱点。改善しなければならないこと は何ですか?競合他社に負けている点は?競争力を高めるためには、何を改善する必要がありますか?もしかしたら、次のようなことが必要かもしれません。 トラフィックを増やす をブログに掲載したり、FacebookやInstagramでエンゲージメントを高めたりすることができます。
  • 人的資源の弱点。チーム内に知識やスキルのギャップはありませんか?あなたのビジネスや顧客サービスのどの側面においても、彼らにはより良いトレーニングが必要です。
  • 財務面での弱点。必要な有形資産はありますか?経済的に成功するための最大の障壁は何ですか?(例。あなたは旅行業を営んでいますが、お客様の多くはリピーターではなく一度きりの方です。または、予算不足のため、効果的な方法を考えなければならない場合。 ローコスト・マーケティング・アイデア.)
  • お客様の弱点。これは、お客様が直面している弱点ではなく、お客様の視点から見たあなたの弱点のことです。よくあるお客様の不満は何か?お客様の満足度を高めるためには、どこを改善すべきか?お客様の強みや弱みがわからない場合は、こちらをご覧ください。 ソーシャルリスニング は貴重なインサイトを提供してくれます)。
  • 従業員の弱点。離職率が高いのか?満足度は低いですか?人事部への苦情は多いですか?自分のチームをもっとうまく扱えないか?

ビジネスの強みと同様に、弱みもまた内部要因と考えられます。理論的には、あなたは自分の弱点をコントロールすることができます。つまり、自分で改善できる可能性があります。

SWOT分析:チャンスを見極める SWOT分析の実施方法

弱点を特定する直接的な副産物として、機会に焦点を当てることができます。つまり、完全にはコントロールできないが (他の要因に共依存しているため)、現在および将来の成功につながる外部要因です。これを考える良い方法は、「将来の成功の可能性をどこに見出すことができるか」ということです。”

  • ビジネス/内部の機会あなたが特定した内部の弱点を考慮して、改善するためのどのような機会がありますか?それは、新たな融資枠、スポンサーシップ、あるいは業績の良くない製品の削減などです。あなたのビジネスに成長の機会をもたらすような、新しい規制やサービス、製品の閉鎖などが迫っていますか?については? ソーシャルメディア・マーケティング・トレンド を活用することができますか?
  • 人的資源の機会。チーム内に知識やスキルのギャップはありませんか?ビジネスや顧客サービスのどの側面においても、より良いトレーニングが必要です。
  • 財務上の機会会社の財務を改善するための最大の機会は何ですか?リピーターや顧客維持率の向上?新しいエリアや地域への進出?新製品を発売するか?
  • 顧客の機会。今日の顧客の成功を補完し(弱点を軽減し)、明日何ができるだろうか?補完的な製品やサービスを販売できないか?クロスセルができないか?オンライン・ショッピング・カートを改善できないか?市場のトレンドは?
  • 従業員の機会。これは難しい問題です。というのも、従業員は一般的に内部的な(つまりコントロール可能な)要因だからです。しかし、次のように考えてみてください。より幸せで満足度の高い従業員を作るには、どのような機会がありますか?あなたにしか見えない(今のところ)予測/カーブよりも先にチームを進めるためのトレーニングの機会を特定できますか?

SWOT分析:自社の脅威を認識する

成長の機会を理解したところで、今度は怖いくらいの現実を見てみましょう。将来の成功を妨げる最大の脅威は何か?どのような外的要因があなたを傷つけるでしょうか?なぜなら、あなたがコントロールできない外部要因の話だからです。しかし、「予防のカケラは治療のカケラ」です。脅威を特定すれば、それに対抗するための予防のカケラが必要になります。

  • ビジネス/内部の脅威。内部の脅威は、一般的には内部(自分でコントロールできる範囲)のものですが、それでも考えてみてください。現在のビジネスのどのような側面が、将来的に自分のビジネスに悪影響を及ぼす可能性があるのか?
  • 人的資源の脅威。トレーニングを怠っていませんか?チームの知識にギャップがあるのでは?競合他社のチームは常にあなたのチームを凌駕しているか?彼らはあなたが知らないことを知っていますか?
  • 財務上の脅威財務上の健全性に深刻な影響を与える可能性のある、現在および将来の外部の脅威にはどのようなものがありますか?ここでは、法律や規制の変更、低価格の競合他社の登場など、あらゆることを想定しています。
  • お客様の脅威。他の企業があなたの顧客をあなたよりも幸せにする可能性はあるか?競合他社はより大きな特典を提供しているか?何がお客様を遠ざけてしまうのか?
  • 従業員の脅威。従業員の満足度や幸福度を低下させる現実の脅威や認識されている脅威は何か?競合他社がやっていて、自社がやっていないことで、チームが他社に移ってしまうようなことはありますか?

このように、SWOT分析には、自由で創造的な発想が求められます。つまり、大局的に見て、未来を見つめ、自分自身に正直になることです。このように、SWOT分析はシンプルなエクササイズではありますが、5分間のブレインストーミングで完了できるものではありません。

自分に時間を与える。一度SWOT分析を行い、数日後、あるいは1週間後に再度分析を行う。チームのメンバーとも相談してください。そして、先に述べたように、正直になりましょう。全体像を把握しないことであなたが傷つくのは、あなた自身の会社だけです。幸運を祈るとともに、SWOTがあなたと共にありますように。

自社の強み、弱み、機会、脅威が明らかになったところで、これらの機会を活用するための具体的な計画を実行に移しましょう。複雑なことをする必要はありません。 LinkedInフォローボタン は、視聴者を増やすのに役立ちます。わずか数分でインストールできるので、すぐに新しい見込み客にアプローチし、目標に向かって前進することができます。

著者について
ShareThis

ShareThis は、2007年以来、ソーシャルシェア、インタレスト、インテントのデータを統合することで、グローバルなデジタル行動の力を引き出してきました。300万以上のグローバルドメインにおける消費者の行動をもとに、ShareThis は、実際のデジタルデスティネーションにおける実際の人々の行動をリアルタイムに観察しています。

会社概要

ShareThis は、2007年以来、ソーシャルシェア、インタレスト、インテントのデータを統合することで、グローバルなデジタル行動の力を引き出してきました。300万以上のグローバルドメインにおける消費者の行動をもとに、ShareThis は、実際のデジタルデスティネーションにおける実際の人々の行動をリアルタイムに観察しています。